キャベツを食べるとバストが大きくなるって本当?

バストアップに効果的な食材を取り入れて、効率よく目標を達成したいものですよね。美容のためにもバランスのいい食生活を心掛けたいところです。

バストアップしたいなら偏った食事を見直して、好き嫌いもできるだけ改善したいですね。成長期でなくても、成人後もバストアップに効果的な食生活を意識することが大切です。

さて、「キャベツを食べると胸が大きくなる」と聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 結論から言うと、効果アリです。キャベツに含まれているボロンという成分はエストロゲンの働きを高めてくれる効果があります。

エストロゲンとは女性ホルモンの1つであり、バストアップにとって重要なホルモンです。ボロンによって分泌量が増えたエストロゲンは胸の中心に位置する乳腺に働きかけ、乳腺がバスト全体の脂肪を増やしてくれるという仕組みです。

ご存じかと思いますが、バストのほとんどは脂肪で構成されています。バストアップのためには脂肪の増加が重要であり、その為には女性ホルモンを分泌させなくてはなりません。

キャベツというと料理のバリエーションの幅が広い食材ですが、食べ方に気を付けないと折角のボロンが役割を果たしてくれません。実はボロンは熱に弱い成分なので、焼いたり炒めたり、加熱してしまうと本来の効果が発揮されません。

キャベツはできるだけ生で食べるといいでしょう。サラダならどのような献立でもマッチするので取り入れやすいのではないでしょうか。ドレッシング等で味のバリエーションを楽しんでみてください。

キャベツが嫌いな人やなかなか食事に取り入れることができないならサプリメントを摂るという手もありますが、できるだけ頼らないほうがいいでしょう。サプリメントとは栄養を補助するという役割なので、あくまでもきちんと食事を摂ることが大切です。

キャベツのようにバストアップに効果的な食材を取り入れた献立にし、まずは日々の食事から理想のバストを目指すことをオススメします。

このページの先頭へ