バストアップサプリ >成功するバストアップサプリメントの選び方 

体の中に入れるものだから、安全性に注目したいですよね!

成功するバストアップサプリメントの選び方

バストアップサプリメントで失敗しない為に選び方を紹介したいと思います。その前に摂取方法について触れておきますね。

バストアップサプリメントを購入する人の多くは通販を利用していると思いますが、サイト上には摂取方法が記載されていません。これには理由があって、サプリメントというのは日本の法律上【医薬品】ではないので、当然摂取方法の記載をしてはいけません。日本においてサプリメントは【食品】に位置しています。

病院に行ってお薬をもらうと1日2回・1回1錠・食後30分以内に服用するように等の説明を受けるかと思います。バストアップサプリメントに飲み方の記載がない理由ですが、用法用量のような医薬品的な表示をすることを薬事法によって禁止されているのです。

海外ではどうなっているのかというと、アメリカはDSHEA法によってサプリメントは医薬品と食品の間と位置づけられており、日本とは異なります。

さて、サプリメントの選び方についてですが、栄養素で選ぶことが成功の秘訣です。栄養素とは、サプリメントに含まれている成分を示します。どこで栄養素を確認できるのかというと、パッケージの裏面を見てみると細かく表示されているので確認してみてくださいね。

サプリメントは健康補助食品なので、食事で足りていない栄養素を補給する目的があります。バストアップも同様で、食事では補えないバストアップに必要な成分を選ぶことが大切です。バストアップに関係のない成分が入っている場合があるので気をつけたいところです。

バストアップサプリメントは大きくわけて2種類あり、女性ホルモンに働きかけるもの、身体をサポートするバランス型があります。年齢によって最適なものが異なりますが、サプリメントデビューをするなら後者のバランス型がいいでしょう。

最初から前者を選んでしまうとホルモンバランスが乱れてしまう恐れがあるからです。最初はバランス型で身体作りから始めるといいですよ。最後に、サプリメントだけに頼らず日頃の食生活や運動にも気を配るようにしてくださいね。

10代のバストアップはどうすればよいか

バストを大きくしたいという思いは、どの年代も共通しています。若い10代の女性にとってもバストアップは切実な願いでもあります。

バストアップのためにはさまざまな方法がありますが、特に若い10代の女性にとっては、どのような方法でバストアップに取り組めばよいのでしょうか。

10代の女性のバストアップについてまず考えておかなければならないのは、この年代はまだまだ、バストアップに必要な女性ホルモンが十分に分泌しているということです。

言い換えれば、そのままでもまだまだバストが大きくなる可能性があるということです。通常、バストアップのためにはサプリメントを併用したりしますが、10代の場合は、まず必要ないと考えてよいでしょう。

バストアップのためのサプリは女性ホルモンの分泌を促すために飲むものです。10代では飲まなくても十分に女性ホルモンが出ています。従って、女性ホルモンが分泌されていること前提に、さらにそれが行きわたるような取り組みを行えばよいのです。

具体的には、バランスの良い食生活、バストマッサージ、バストアップブラの3つの取り組みが有効です。食生活は、女性ホルモンをしっかりとバストに届けるために必要な栄養素を摂取することが必要であるためです。

10代ですと、ダイエットも重要な関心事になっていますが、あまり食べないと、バストを大きくするための栄養も摂ることができません。

女性ホルモンだけではバストは大きくなりませんし、あまり食べないと、ホルモンの分泌にも影響が出る可能性もあります。よって、バランスのとれた食生活はバストアップに必須になります。

次にバストマッサージです。これを行うことで、血行が良くなり、女性ホルモンや栄養素がバストに行きわたりやすくなります。また、バストマッサージを行うことで乳腺の発達も促します。

入浴時に行うと効果的で、バストアップクリームなどを併用するとよいでしょう。バストアップクリームにはほとんど副作用は認められないようです。

最後にバストアップブラです。自分のバストに合っていないきついブラをつけると、締め付けで血行が悪くなります。かといって大きいブラですと、バスト周りの肉が背中や脇に流れてしまいます。適切なサイズのブラとして、バストアップブラをお勧めするのはそのためです。

10代女子に覚えてもらいたいバストアップテクニック

10代の女性は、そもそもバストを成長させる女性ホルモンの分泌が盛んです。従って、女性ホルモンを分泌させる効果のあるサプリメントを飲んでも、効果は少なく「ドーピング」ができません。

それ以外の方法で、女性ホルモンの増加ではないバストアップの要素を見つけなければなりません。食事やバストマッサージも方法の1つですが、即効性はあまり期待できません。そこで、とりあえず「その日」はバストアップできるテクニックを紹介します。

もっともメジャーなのは、ブラジャーを工夫することです。どのブラジャーを身に着けるかによって、バストの見え方が異なります。

最近では、特にバストアップに主眼を置いたブラジャーが発売されていまして、それを身につければ、普通のブラジャーに比べて、バストが大きくきれいに見えます。

また、「ヌーブラ」もバストを大きく見せるアイテムとして欠かせません。背中や肩が見える服を着るときなどはヌーブラでバストを大きく見せましょう。

また、ブラジャーに入れるパッドも大切です。いわゆる「極厚パッド」やパッドを2枚重ねにすることなどはバストを大きく見せるためのテクニックとして重要です。

つけていて違和感のない「レモン型パッド」は特にお勧めします。バッドを入れる位置も工夫してください。デコルテ部分が広い人は下部分に入れれば厚みが出ますし、サイドにパッドを入れれば、背中や脇の肉が寄って、胸の谷間が大きくなります。

日常生活を送る上でのブラジャーの工夫はこのような感じですが、プールなどで水着になる場合は、さらにテクニックがあります。実際のバストよりも1サイズ小さい水着を身に着けたり、ブラの面積が狭いものを着用すると、バストが強調され、大きく見せることができます。

水着を着ている時間はそんなに長くないので、多少バストが締め付けられても、その場はバストを大きく見せることができるというわけです(通常のブラジャーの場合は小さいサイズですと血行が悪くなるのでNGですよ)。

ちょっとした工夫でバストを大きく見せることができます。是非試してみてください。(864字)